のんびりヨメちゃん日記@発達障害・うつ・妊活

ADHDでちょっとうつ。優しい旦那さんとのんびりライフ。発達障害や妊活について書いたり書かなかったり。

のんびりヨメちゃんの日常⑨ー料理ー

のんびりヨメちゃんの日常⑨ー料理ー

f:id:Hitonoyome:20210818164821j:plain

 

ヨメちゃんは料理がちょっぴりだけ得意。

おしゃれな料理が作れるわけじゃないけど、基本の料理は大体作れるよ!

 

レシピの材料だけ見れば味も想像つくし、想像通りの味付けができる。

 

味覚には自信があるんだ!

 

そんなヨメちゃんは、初めから料理が得意だったわけではない。

 

旦那さんとお付き合いするまでは、下手くそだった。

 

とりあえずなんでもケチャップかけてみたり。

とぐろを巻いたなんだか苦みしかないお菓子が出来上がったり。

 

弾力のすごいシフォンケーキが完成したこともある。

 

レシピ見ても作れなかったから不思議だよねー。

超常現象?

 

そんなヨメちゃんは、旦那さんと付き合い始めてから料理が上手くなった。

 

おいしいケーキが焼けるようになったし、

旦那さんが喜んでくれるおいしいご飯が作れるようになった。

 

でも何かをしたわけじゃない。

何故か急にうまくなったんだ。

 

しいて言えば、丁寧に作るように気を付けて。

しいて言えば、料理の基本を母に聞いた。

 

でも聞いたことは、お醤油と味噌ベースの味付けの仕方だけ。

調味料の割合を聞いただけ。

 

そしたらなんだか、大体の料理が作れるようになっちゃった。

不思議だね。

 

当時、1人暮らしを始めた旦那さんに料理をふるまった時。

実は料理なんてほとんどしたことなくて、

初めて作る料理だったけど、

びっくりするほどおいしく出来た。

 

「すごくおいしい!ありがとう!いつも料理してるんだね~」

 

って旦那さんに言われて、

「まあね!」ってドヤ顔してみたけど。

今でもちょっとだけ罪悪感。

 

でもそれから、作ろうと思ったものを感覚で作れるようになった。

初めて作る料理だらけだったけど、あんまり失敗しなかった。

 

なんでなんだろうね。

今までは出来なかったのに。

 

これが愛の力?

なんちゃって。

 

たぶん、お母さんが一生懸命ご飯を作っている姿を見てきたから。

毎日おいしいご飯を食べさせてくれたから。

なのかなぁ。

 

私もがんばろーっと。

 

 

でもヨメちゃんは、同時進行でお料理をつくれない。

一品ずつ作らないと、失敗しちゃう。

 

だから、料理が終わると台所はぐっちゃぐちゃなの!

あらららら~。

 

お料理上手は片づけながらできることが重要だなんて聞いたけど。

無理なものは無理だよ。無理無理~。

 

誰かに披露するわけでもないんだし。

手が空いた時に片づければいいし、

最後に洗い物すればいいじゃないかー。

 

ご飯が食べられればOKだよね!

 

しかしここで活躍するのが旦那さん!

私が料理をしている間、

調味料を片づけてくれたり、洗い物をしてくれたり。

簡単な料理をもう一品つくってくれるのだ!

 

さすが私の自慢の旦那さん!

 

2人でやれば素敵なお料理上手だよ!

えへん!

 

そんなヨメちゃん家だけど、

人間だからお料理したくない日もある。

 

お料理めんどくさい日のヨメちゃん家は、

冷凍食品もスーパーのお惣菜も、パックのままドーン!

 

おいしくて、バランスが偏りすぎなければそれでいいよね。

 

レトルトだって、和えるだけの味付けだって立派なご飯だよ。

 

健康であればそれでよし!

お料理は手を抜きながら、家族で協力!

これが大切だね。

 

 

おしまい★