のんびりヨメちゃん日記@発達障害・うつ・妊活

ADHDでちょっとうつ。優しい旦那さんとのんびりライフ。発達障害や妊活について書いたり書かなかったり。

産み分けってできるの?

こんにちは、ヒトノヨメです。

 

今回は

「産み分けってできるの?」というテーマで

お話をしていこうと思います。

 

「子どもは男の子と女の子、どっちがいい?」なんて会話をしたことがある方も多いのではないでしょうか?(๑˙꒳​˙๑)

 

もちろんどちらが生まれたって、待望の我が子は愛おしいものですが、「男の子と女の子は産み分けられる」という噂を耳にしたことがある方もいらっしゃるかと思います。

 

今日はそこに焦点を当ててお話をしていきます。٩( 'ω' )و

 

結論から言うと、産み分けを出来る可能性はあります!

 

100%産み分けることはできませんが、産み分けの確率を上げることは可能です。

 

しくみを説明していきましょう。

 

まず、「pH」って言葉を皆さま思い出せますでしょうか?

あー、なんか習ったなぁくらいにはわかるはず。(*˘ω˘*)

 

f:id:Hitonoyome:20210615165340p:plain


「pH」は水素イオン濃度を表す単位で、その濃度によって液体は、酸性・中性・アルカリ性に分かれています。

pH7が「中性」で、pHが7よりも小さいものを「酸性」大きいものを「アルカリ性といいます。

 

なんとなくでも思い出したでしょうか?(•'-'•)و

 

実はこのpHが、産み分けに関係してきます。

 

男の子を授かる確率を上げるためには

  • 排卵に行う
  • 女性側がとても気持ちよく行えるものにする

 

女の子を授かる確率を上げるためには

  • 排卵日2~3日前に行う
  • あっさりとしたものを行うとよい

 

とされています。( ⁎ᵕᴗᵕ⁎ )

 

これは、膣内のpHが性別の決定にかかわっているからです。

 

男の子を授かりたい場合には、膣内をアルカリ性にしておいた方が効果的。

話は簡単で、男の子になるための染色体を持った精子は、アルカリ性の環境である方が生き残りやすいからです。

 

膣内のpHは普段酸性を保っています。しかし排卵日に近づくにつれて、アルカリ性に変化します。

そのため、男の子を授かりたい場合には排卵に行った方が効果的なのです。

 

女性がとても気持ちよさを感じることで、アルカリ性の粘液が分泌されるため、しっかりとした行いをするのががベスト。

 

男の子を授かりたい場合には、排卵日にしっかりとした営みをしましょう。(*ˊᵕˋ*)

 

女の子を授かりたい場合には、排卵日前がおすすめです。(*´▽`*)/

女の子になるための染色体を持った精子は、酸性の環境である方が生き残りやすい性質を持っています。

そのため、膣内が酸性である排卵日前に行うのがベスト。

気持ちよさを感じてしまうと、膣内がアルカリ性に近づいてしまうため、行いはあっさりとしたものの方がいいとされます。

 

女の子を授かりたい場合には、排卵日前にあっさりとした営みをしましょう。(*ˊᵕˋ*)

 

私たち夫婦は、男の子も女の子もどちらもかわいいから、第一子はどちらがいいとは決められないなぁと思っています。

そのため、きっちりとした産み分け法はしていませんが、排卵日前はあっさり、排卵日にはしっかりすることで、それぞれの確率を高め、どっちが生まれるかなぁという楽しみをしています。(*ˊᗜˋ*)♡

 

排卵日前でも、なかなかあっさりした行いが出来てないこともありますけどね。笑

 

きちんとした産み分け法を実施することで、70~80%産み分けをすることが出来るといわれています。

 

また、できる限り産み分けの確率を高めたい場合には、産婦人科に相談することによって、その確率を上げるためのゼリーサプリも存在しています。

産み分けを希望したい場合には、医師と相談してみてください。( *´ω`* )

 

ただし、不妊治療をされている方は産み分けをお断りされることも多いですし、産み分け指導保険適用外になりますのでご注意ください。

 

もし希望した性別の子が生まれなくても、授かる我が子は愛しい存在。

めいいっぱい愛して育ててあげましょうね。 (๑و•̀ω•́)و✧

 

もしそれでも愛せないというのなら、それは自身が心の病気や認知の歪み(思考の偏り)を抱えている可能性があります。

お近くの病院や自治体の妊娠・子育て相談窓口へ相談してみてはいかがでしょうか?(⁎ᵕᴗᵕ⁎)

 

どちらにしても、産み分け法はパートナーの理解があってこそ実施できる行い。

 

夫婦でよく話し合って、もし希望した性別じゃなくても絶対に悲観しないことを約束し、産み分け法を行っていきましょう。٩( 'ω')و٩('ω' )و

 

 

お力になれたら幸いです。お気軽にコメントもくださいね。( ´꒳`*)人(*´꒳` )

 

また次回の更新でお会いしましょう!

それでは~♪

 

 

★まとめ

  • 産み分けの可能性を高めることはできる
  • 産み分けにはpHが関係している
  • きちんと産み分け法を行った場合の成功確率70~80%
  • 男の子を希望する場合は、排卵に女性がとても気持ちいいと感じる行いをする
  • 女の子を希望する場合は、排卵日の2~3日前にあっさりとした行いをする
  • 病院で産み分け指導を受けることもできるが、保険適用外
  • 病院で産み分け用ゼリーサプリをもらうことが出来る
  • 産み分けにはパートナーとの話し合いが必須
  • 希望する性別ではなくても悲観しないようにパートナーと約束しておくこと
  • もし希望した性別ではなかった子どもを愛せないと感じる場合心の病気認知の歪み(思考の偏り)を抱えている可能性がある
  • 困ったこと、わからないことは医者に相談しよう